Web Materia BLOG

ウェブマテリアブログ

Aug

13

2014

0

COMMENTS

リブセンス営業利益を大幅な下方修正!役員報酬50%減額へ

Category:ITニュース

リブセンス営業利益を大幅な下方修正!役員報酬50%減額へ
2012年10月に東証一部に上場し東証1部上場企業の史上最年少経営者となった村上太一社長率いる株式会社リブセンスが2014年12月期決算の営業利益発表! なんと前回予想の19億5,000万円から5億1,700万円へ大幅な下方修正となった。これを受けリブセンスの経営陣が責任を取って役員報酬の50%減額を6カ月間行う事を決定した。   リブセンス2014年12月期決算の営業利益  

大幅な減益の理由

昨年後半以降、アルバイトを中心に求職者を確保できず、加えて、Webマーケティング施策の遅れなどで求人サイトへの求職者集客が想定を大きく下回った為、求人案件への応募数や採用数の計画が未達となり上期の売上高が期初計画を下回った。費用面においても従業員数の増加等で通期利益が計画を下回る見通し。  

このニュースについて

史上最年少の上場企業社長が率いるリブセンス。当時25歳の社長が一部上場企業になったという事で同じ業界に身を置く自分としてはとても痛快な出来事であり、憧れた人物です。 リブセンスは今回大幅な減益となったもののとてもセンスと活力に溢れる社長がいる点とジョブセンスという完成度の高いサイトの所有からこれから巻き返しは充分に行えると考えています。ただやはり数年前と売って代わり就職市場が売り手市場となった今、このまま転職、就職者を確保できない状況をいかに対処するかがこれからの鍵になると思われます。

Comments

comments



Archive

Category


PageTOPへ