Web Materia BLOG

ウェブマテリアブログ

Sep

19

2014

0

COMMENTS

iphone6に合わせて3大キャリアからの卒業を考えてみては?

Category:ITニュース

iphone6に合わせて3大キャリアからの卒業を考えてみては?
iphone6が本日発売されました。相も変わらずの人気で例年通り銀座のアップルストアが大にぎわいだったようです。(今回は転売目的の中国人バイヤーのせいで別の意味でもにぎわっていたようです。詳細)   かくいう私もiphone6を購入予定ですが今回の購入を機会にauからsoftbankでもdocomoでもない格安SIM(MVNO)にキャリアを変更する予定です。 皆さんがご存知のように携帯のキャリアといえばdocomo、au、softbankという3大キャリアで多くの人がこれのどれかに加入していると思います。またキャリアもこのどれかしかないと考えているのが現状かと思います。   ですが今はもう時代が違います。SiMフリー(キャリアに縛られない)の携帯が販売され始めた事により私たちにはdocomoやau、softbankのキャリアを選択しないという選択肢が生まれたのです。そこでまずはこの3大キャリアから脱出するメリットや動機をご説明しようと思います。  

そもそも格安SIM(MVNO)とは?

まず私たちの携帯には基本SIMカードというものが入っています。このSIMカードには個人のデータが内蔵されており、この中にあるデータを拾って携帯電話をかけたり月のパケット料や電話料などのデータを蓄積したりする役割を果たしています。このカードがあるから正常に携帯の機能をフルに使えてると言い換えてもいいかもしれません。   格安SIM(MVNO)とは通常のキャリア(docomo、au、softbank)とは違う会社から発行されるSIMカードであり、様々な会社が独自のプランを打ち出しています。多くの会社は3大キャリアより安いプランを打ち出しており、それらと契約し、発行されるSIMカードを携帯に差す事により月々の利用料を大幅に下げる事が可能です。  

SIMフリーの携帯って普通の携帯とどう違うの?

まず仮にdocomoやau、softbankのいずれかのキャリアで新規契約を行うとします。機種はiphoneとしましょう。 そうすると当然iphoneをキャリアから渡される訳ですがこのiphoneはいわゆるSIMフリーの携帯ではありません。現在3大キャリアが販売している携帯のほとんどはそのキャリアのSIMカードでしか動作をしない用にロックがかかっています。ですので先に記述した格安SIMを購入したiphoneに差しても動作しません。   ですがSIMフリーの携帯ですとdocomoやau、softbankのSIMも格安SIMも全て対応しているのでどのSIMを差しても正常に動作します。キャリアに縛られない携帯、それがSIMフリーの携帯です。  

SIMフリーのiphoneってどうすれば入手できるの?

ちょっと前まではSIMフリーの携帯を国内で入手するのは大変難しい事でした。ですが今は多くのSIMフリー携帯が国内で入手する事ができます。 例えば一番需要が高いiphoneですがこれはappleストアやappleオンラインストアで購入できます。また、Xperiaなどの人気Android機種も中古ショップや専門店などで販売されていますので「機種名 SIMフリー」などで販売店を検索してみましょう。  

格安SIMで契約する場合今までの電話番号はどうするの?

格安SIMは現在多くの会社が販売していますがその中にはMNPが可能な会社も多く存在しています。BIGLOBEU-MOBILEなどが代表例です。 これらの会社にMNPして通話可能なプランを契約する事により格安SIMで月々の利用料を抑えながら今までの電話番号を使っての通話も可能となります。  

格安SIMのメリットって何?

格安SIMのメリットとしては下記が挙げられます。 ・二年縛りなどの制約がない ・料金プランが3大キャリアより安く自分に合ったプランを選択しやすい ・SIMフリーの携帯は高く売却できる ・月々の基本料を低コスト抑える事が可能  

じゃあデメリットはないの?

当然通常のキャリア契約と比べてデメリットはあります。 ・乗り換え割りなどの恩恵が基本的にない ・3大キャリアではキャリア毎に通常ポイントが貯まる仕組みがあるが多くの格安SIMではそれがない ・キャリアメールが使えない(Gmailなどのメールユーザーは当然問題なし)  

自分のスタイルに合わせて決めよう

従来のキャリア方式か格安SIMからはどちらも長所と短所があります。ですので結局どちらかが良いのかは個人の携帯に対するスタイルに大きく依存すると私は考えます。   基本的にお任せで普通に使えれば良いという人は3大キャリア、ちょっと手間はかかっても低コストで使えて尚かつ2年縛り等に縛られたくない人は格安SIMを選択するのが良いでしょう。  

今回私が3大キャリアから脱出を決めた理由

現在の多くのキャリアは乗り換えユーザーへの優遇は強いが既存顧客への恩恵は余りありません。 ですので基本的にお得なのは欲しい携帯がでたらキャリアを乗り換えて機種代を実質0円で手に入れる方法が金額的にはお得です。   ですが今年から各キャリアでは通話料のプランを通話無制限プランに一本化しました。これは通話は無制限ではあるが月々の利用料が2000円を超えるものです。これに従来のパケ放題プランを合わせると基本的には月額6000円〜8000円になってしまいます。   通話主体のユーザーには恩恵はあるでしょうがデータ通信が主なユーザーではこのプランは大きく損をするものになります。またこの通話無制限プランはdocomo、softbankでMNP、もしくは新規契約した場合強制的にこのプランに加入されてしまいます(実際には強制ではないですが基本的にdocomoとsoftbankはこのプランに一本化しているので強制と表現させてもらいます)。   ですので私は今回2年縛りもなく、データ量に合わせて最適なプランを選択できる格安SIMプランに移行をする事を決意しました。ただこの方法がお得に感じるかどうかは個人の使い方で大きく異なります。まずは自分の携帯とのスタイルを考えどちらが自分にとって良い選択なのか考えてみるのが良いと思います。   今回何故私がこの記事を書いたかと言うといかに格安SIMが優れているかという事を伝える為ではありません。私たちにはもうdocomo、au、softbankの選択肢しかない訳ではないという事を伝えたかったからです。   各々にあったプランを自分で選択してお得で楽しい携帯ライフをこれからも送りましょう!      

Comments

comments



Archive

Category


PageTOPへ