Web Materia BLOG

ウェブマテリアブログ

Dec

10

2014

0

COMMENTS

ADVANCED CUSTOM FIELDSでREPEATERを使う

Category:Wordpress

ADVANCED CUSTOM FIELDSでREPEATERを使う

REPEATERって?

Wordpressのカスタムフィールドを分かりやすく使う上で大変重宝するプラグインADVANCED CUSTOM FIELDSですがREPEATER(日本語だと繰り返しフィールド)という追加機能を購入すれば更に便利に使えます。 REPEATERの機能としては分かりやすくいえばADVANCED CUSTOM FIELDSで作った特定の入力項目を投稿時に繰り返し追加する事が可能という事です。   例えば下記画像をご覧下さい。   repeater参考画像1   上記の画像はADVANCED CUSTOM FIELDSで曲名と音源URLという項目をRepeater機能を追加して作ったものですが投稿時にこの項目がもう1組欲しいとなった場合、その都度項目をADVANCED CUSTOM FIELDSの管理画面から作るのは面倒ですよね?   かといって何個必要になるか分からない項目の為に何個も項目を作るのもスマートではありません。ですのでこの二つの項目の右下にあるAdd Rowというボタンを押します。すると   repeater参考画像2   曲名と音源URLの項目がもう一つ出来ました。つまりこのRepeater機能というのはADVANCED CUSTOM FIELDSを使うに辺り、特定の項目をRepeater化すると投稿者によって自由に投稿数を変化出来るので不特定数の項目を作る時にほぼ必須と成りうる機能なのです。  

REPEATERを購入するには?

REPEATERは下記リンクから購入できます。お値段は25ドルで日本円で2500円前後で一回購入すると他サイトでも使えるのでADVANCED CUSTOM FIELDSにお世話になる事が多い人は購入しておいて損はないです。 The Repeater Field  

Repeaterを表示する記述

Repeaterの項目を表示するには項目を表示したいテンプレートに

<?php while(the_repeater_field('リピーターのフィールド名')): ?>
<?php the_sub_field('リピーター内のフィールド名'); ?>
<?php endwhile; ?>

という感じになります。 while文内の項目をリピートで表示する形ですのでwhile文の中のhtmlやCSSを繰り返し表示されてもいいように整える必要がありますのでご注意下さい。

Comments

comments



Archive

Category


PageTOPへ